足がパンパンな彼女にラシックス!スッキリできる利尿剤

ラシックスの浮腫み改善

■ラシックスのむくみ予防・改善効果
特に女性は下肢の浮腫みに悩んでいる人が多いと思いますが、それは男性よりも筋肉量が少ないことと、現代の社会生活で圧倒的に運動量が減少し、ふくらはぎの筋ポンプを鍛えることが日常生活ではおろそかになっていることによるでしょう。そこで、個人輸入で日常的に使って、浮腫み予防効果を期待される利尿剤のラシックスに注目してみようと思います。
浮腫みを放置するとどうなるかご存知でしょうか。女性向けのネットニュースでも常に話題になっているキーワードですが、それは「セルライト」です。セルライトとは不純物や脂肪がからまり合って出来上がる溶けにくい脂肪の塊で、一度セルライトができると運動や半身浴を行っても容易に痩せないことはよく知られていることです。そのセルライトにならないようにするには、下肢に溜まった水分、つまり初期の浮腫みを放置しないことが重要となります。そこでラシックスが効果を発揮するわけです。
有効成分のフロセミドは、服用後、腎臓に作用し、全身の循環血液量を尿中へ排出し、全身の水分が減ることで顔から体感、上下肢全体の浮腫みを改善するように働きます。この作用により浮腫みだけでなく、心臓への負担も軽快できることから体が軽く感じたり、倦怠感が楽になったという人もいるようです。

■安全に使用するための注意事項は?
主成分のフロセミドは、降圧利尿剤に分類されるとおり、血圧を下げる作用もありますので、低血圧や高血圧、脳疾患や心疾患などの既往がある場合には眩暈やふらつきからの転倒の危険があるので、注意が必要です。
また、薬効は30分から1時間ほどで発現し、6時間継続します。この6時間という持続時間、つまりLastSixから商品名が作られたとの逸話もあります。
もう一つ注意すべき事項として、フロセミドの作用にカリウムを排泄するという特徴があります。そのため心臓や腎臓の状態にもよりますが、この特徴によって低カリウム血症、アルカローシスを起こし電解質のバランスを崩す危険もはらんでいます。豆知識としてアルダクトンを併用してカリウム低下を防ぐ方法もありますが。
病院で利尿剤として処方を受ける際にはDr.やナースが日々状態を観察してくれますが、浮腫み予防で個人使用する場合は、自己観察が大切です。そして上記の注意事項を頭において、安全に水太りを解消していきましょう。